TORA TORA TORA?

私が製作しているプラモデルの製作途中を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お金がかかる模型です。

CIMG1429.jpg

ビスマルク製作しています。上の写真は船体と船底を接着している所です。さすがにリニューアルされたキットだけに以前のアオシマの艦船模型よろは、素晴らしいできです。そりやパーツの合いの悪さはあまり見られないので、組み立てやすいキットですね。

CIMG1535.jpg

そして、今日注文していた対空機銃のエッチングパーツが届いたので買いに行きました。これを買ってから気づいたんですが、単装機銃のエッチングパーツも注文するのを忘れていました。

まあ、スグに必要なものでも無いので後で注文しようと思いますが、本当に艦船模型はお金がかかります。こだわればこだわるほど、お金が消えます。

最近めっきり寒くなってきましたので、炬燵に入りゆっくりと製作していきますよ。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/12/05(火) 00:00:27|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ人のお船

CIMG1542.jpg

資料を見ると波きり板に押さえが、結構細か付いていたのでプラパンで追加しました。

CIMG1547.jpg

これも資料よりフェアリーダーが左右それぞれ3箇所あるのでプラパンで再現しました。日本海軍のように丸くなく、角ばったフェアリーダーです。

CIMG1550.jpg

前回の金剛の反省を踏まえて、スポンソンを薄く加工します。
厚いままだたと、エッチングパーツとのバランスが悪くなってしまいうので、デザインナイフを使ってカンナ掛け。

ここまで、結構楽しく製作できてます。それにしても、大戦時の戦艦は非常にお国柄が出て魅力的ですね。

持論として兵器として美しいのは、大戦までだと思ってる私。

それぞれの設計思想、国民性に則った船たちは、その国の人たちを表しているのが魅力です。

このビスマルクもやっぱりドイツ人が作ったんだなって思いますよ。
  1. 2006/12/06(水) 01:09:05|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク

ドイツ帝国初代首相ビスマルクの本名です。

ビスマルクはプロイセン首相として、鉄血政策で普墺戦争や普仏戦争に勝利してヴィルヘルム1世をドイツ皇帝に持ち上げた人です。

偉大な彼の名前を頂いた戦艦ビスマルクを作ってます。

CIMG1558.jpg

艦首のアンカーホイール?をエッチングパーツで作りかえました。
キットにモールドされていたアンカーチェーンを削り取って、金属チェーンに変更しますが、艦首甲板にはハーゲンクロイツが描かれていたので、それを塗装後に取り付けます。写真はどんな感じになるかな?と思いからませてみました。

灯油が無いです。暑がりの私は炬燵があれば、そこそこの寒さなら大丈夫なのですが、いい加減、寒くなってきたので明日買いに行きたいと思います。

重いんだよな、ポリタンク。
  1. 2006/12/08(金) 00:31:36|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艦橋

今日は競馬場のバイトで駐車場で。寒い中、一日中外でホッカイロ4個を体に装着していざ出陣。バイト代7000円でプラモが買えると思えると、この寒さも苦になりません。明日もバイトですが、がんばります。

結構疲れていたんですが、プラモを弄り始めたら以外と疲れも取れビスマルクをチマチマと

CIMG1561.jpg

艦橋のブリッチウイングをエッチングパーツに、それとハッチを最近発売されたプラストライプ 2.0mm幅 [10本入]で再現しました。プラストライプは厚さ0.14㎜の極薄のプラパンでエッチングパーツ並みの薄さです。これでハッチを再現してやると、厚さが結構自然にでます。ラッタルも追加しました。

何だが、かっこよくなってきたんじゃない。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/09(土) 23:27:52|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艦橋②

CIMG1562.jpg


ウォーターラインシリーズにつきものの謎の穴・・・
これって何で出来るんでしょ。明らかにちゃんとした丸の穴なので、金型にこの部分があるってことになるし。何かの金型の制約として必要なものだとしたら、仕方がないが、どうして、こうも処理のしづらい箇所ばかりに作るのかが疑問である。大抵溶きパテで埋めてペーパー掛けをするんだけど、写真でもわかるようにペーパーがかけにくいところ。

本当に、どこか見えないところに工夫するかして欲しいものです。せっかくリニューアルしても、こういうのがあるとちょっとテンション下がります。


艦橋の方、どんどん上に重ねてます。今回、窓枠の方をエッチングパーツにしなくて良い感じです。独特の艦橋でかっこいいです。

そろそろ、手すりを取り付けたいな。
CIMG1567.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/13(水) 00:19:42|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

三つ目

Author:三つ目

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。