TORA TORA TORA?

私が製作しているプラモデルの製作途中を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久方更新

久しぶりの更新です。最近プラモもほとんど弄れず、ストレスがたまっている。今日この頃です。

はやく、何時間もプラモを弄れる環境に戻りたいです。

毎日30分ほどの、製作で信濃方はここまで進みました。

CIMG0858.jpg


艦尾に他空母の写真を参考に写真のような穴あき鉄筋を追加しました。
日本海軍の空母にはこのような構造物があるので、信濃も当然あると判断ってか、色々なサイト見てると、皆さんやってるからと言う理由が本当。

CIMG0862.jpg


穴あき鉄筋に使ったのが、ファインモールドの汎用アクセサリーです。

いちよう飛行機用になってますが、船用にも使えて便利です。
これも、色々なサイトさんで、使われてたので私も使ってみました。

ついでに手すりも取り付けました。手すりは金剛を作ったときのあまりです。真鍮製で、強度がすごく弱いです。少し触っただけでグニャって曲がります。真鍮製は加工しやすいのですが、強度がないのが欠点です。本当は手すりもステンレス製にしたほうが良かったのですが、あまったのがあるのならそれを使い、少しでもお金をかけないためです。

スカスカだった艦尾がある程度密度のある感じに仕上がってきたと思います。さらに、リールのエッチングを4基ほど取り付けたいと考えてます。

こうしてみると、プラ板で作ったフェアリーダーがちょっとオバースケールですが、面倒なので気にしないことにします。




スポンサーサイト
  1. 2006/07/27(木) 00:37:49|
  2. 信濃製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

馬鹿です・・・

この前、長時間格闘した支柱をすべて取り外しました。

角柱が気に入らないし、1/300の信濃と大木氏の信濃を参考に船外通路を追加のために取り外し、キットの丸棒に取りかえます。

CIMG0855.jpg


船外通路を追加したなら、手すりも取り付けようかと思います。

金剛を作ったときの手すりが余っているのでそれを使います。

一日1時間ほどしかプラモを弄ってないので全然進みません、ここに来てまた修正なので、ここ1ヶ月ほどの時間が無駄になりました。

三歩進んで二歩下がる状態です。


  1. 2006/07/20(木) 21:41:28|
  2. 信濃製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

支柱と12.7cm連装高角砲

CIMG0849.jpg


CIMG0853.jpg


支柱に写真のような構造を追加しました。これが非常に面倒くさくて2時間ほど格闘して、右舷側?しかできませんでした。

作業を進めるにつれて、汚くなってきます。一度サフを吹いてすっきりしたいです。

12.7cm連装高角砲は、1/35スケールのモデルを参考にプラパンと伸ばしランナーでハッチや、溶接痕を再現してみました。

他にも、丸い所の下をカットして、プラパンで三角形の支柱?を取り付けより本物らしく、簡単な工作で小さい高角砲が迫力のあるものに仕上がりました。
  1. 2006/07/18(火) 23:17:47|
  2. 信濃製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻ではない

mixiをはじめたせいで、こっちの日記の更新を怠ってました。

いちよう模型サイトなので模型関連の日記として、mixiと使い分けるつもりですが、デジカメが修理中なので製作中の写真もアップできません。

早くなおらないかなぁ。

んで、今日は学校帰りに久しぶりに本やに行きました。
もち、立読みです。

鋼鉄の鳳凰

たまたま、軍事関連のコーナーで上の本を発見しました。艦船モデラー界の神様大木清太郎氏の作品集です。

前に、ほしかったのですが値段の高さを理由に購入を断念したやつです。

この中に1/700信濃の超精密の模型が紹介されてます。今作ってる信濃に参考になるかと思い熟読しました。

その中で大木氏は元信濃の乗員にインタビューを行った記述がありました。

それは非常に興味深い話で、幻の空母がその人にとっては幻ではなく実際に存在していたものです。

記事の中で、大木氏が「飛行甲板は何色でしたか」という質問に、

「ねずみ色だったよ」

と、電波防御のためにゴムを表面に塗布していたそうです。ステルス信濃です。甲板だけゴムでも意味がない気もしますが・・

次の質問に「他に覚えてることはありますか」で、

「飛行機を止める穴がたくさん開いてたよ」

これは、大鳳にもたくさんの穴が開いていたそうなので信濃もそうだったという貴重な話です。

私は上の話に非常に貴重な話だったと思いますが、最後に書いてあった、

「とにかく、大きかったなぁ」

と感慨深げに仰っていたのが非常に感動しました。

模型を作っていても、とにかくでかい甲板ですが、その元乗員の話は本当に大きかったことを、どんな言い回しを使ってもその一言で伝わってきました。

他にもいろいろな模型が紹介されていてすごくほしくなったので、その本屋では買わないで、ネットの本やタウンで注文しました。

大学の生協に届けてもらえるし、送料も手数料もかからないし、1割引きで買えるので、来週には届くかな。


  1. 2006/07/13(木) 17:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エッチングパーツとソロモン海戦

休日は、久しぶりに実家に帰ってました。約2ヶ月ぶりかな。

実家に帰っても特にすることもなく、DSのマリオを全クリして、漫画のジパングを読み返して、古着や行ったり、模型屋さん行ったりとぐーたらしてました。

古着屋ではTシャツを買って、模型屋では「鳥海」を買いました。

NEC_0002.jpg

↑デジカメ修理中なので、携帯です。

鳥海はピットロードのエッチングパーツ付きのスペシャルバージョン。
4300円と高かったのですが、バイト代もあるので即買いです。

普通、こう言うエッチングパーツ付はすぐ売り切れるのですが、地元の模型店は品揃えが良いのに、お客が少ないので、在庫がたくさんあるんですよ。地方のお店ですが、品揃えが大変良いので、実家に帰るときはいつもよってます。

鳥海は、特徴的な艦橋の高雄型重巡洋艦です。第一次ソロモン海戦で旗艦を勤めた船です。

アメリカ軍が戦艦と誤認したほどの重量艦のある船です。やっぱこの特徴的な艦橋がかっこいいし、美しい!!

日本の戦艦は、美しいのだ!!

鳥海の下は、注文していたエッチングパーツです。

日本海軍空母用パーツセット

九六式25㎜三連装機銃セット

探照灯セット2

もち信濃用です。で、購入して気がついたんですけど、25㎜機銃数が全然足らんです。

21個ありましたが、信濃は31個だった気がします。後、25㎜単機銃も買わなくてはならない。

ああ、また注文するかな。



  1. 2006/07/09(日) 23:47:47|
  2. 信濃製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テポドン発射と日本の馬鹿

テポドン

発射されましたね。

アメリカではスペースシャトルが打ち上げられました。

北朝鮮もアメリカに負けじと打ち上げたんだろうかね。ほんと何考えているのかわからない国だ。発射が自分の首を絞めることになるのが気づかないのだろうか金正日←一発変換だよ

北朝鮮のテポドンを見るたび、60年前のドイツのV2ロケットを思い出す。

当時ナチスドイツがイギリスとベルギーを目標に作った弾道ミサイル。

なんだか、60年前のロケットとテポドンを比べると大した違いが見えないね。

それほど、V2ロケットが現代的だったのか?テポドンが古臭いのか?

まあ、私が思うに後者の方に気がします。

金正日に負けず劣らない馬鹿が、日銀の福井総裁。

村上ファンドの投資で色々騒がれてますよね。

総裁、辞める辞めないで。

この福井、一度日銀を辞任してるんだってよ。

ノーパンしゃぶしゃぶ

で接待受けてたために。

なんで、そんなやつがまた日銀の総裁になってるんだよ!!!

どうなってるんだ日本!!

腐ってるよ。

もう、福井の家にテポドン落ちろ!!


  1. 2006/07/05(水) 21:10:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロキシってなんだろな(o・ω・o)?

プロキシ

って良く聞くけど、何のことなんだろう? プロ棋士?

んで、困ったときのウィキペディアで調べると。

プロキシ (Proxy) とは「代理」の意味であるが、インターネット関連で用いられる場合は、特に「プロキシサーバ (Proxy Server)」の略で、内部ネットワークから外部のインターネットへの接続を行う際、高速なアクセスと安全な通信を確保するためのサーバプログラム、またはそのプログラムが動作しているコンピュータのことを指す。



とのこと、まあ、簡単に言うとインターネットをするときに直接情報を取るんじゃなくて、プロキシサーバーに一回経由してから、情報を取る。

これを行うとIPアドレスが自分のと違うものに変えられて情報元のサイトに残る。つまり、自分のIPアドレスが知られたくないときに使うらしい。

このプロキシサーバーはネット上にたくさんあって、そのアドレスとポートを公開しているサイトもある。

私が見つけたのが

CyberSyndrome

ってサイト、プロキシの意味から使い方とプロキシサーバーを教えてくれる。

このサイトに、自分のIPアドレスを表示させてくれるサイトもリンクされてあって、プロキシ接続が成功したかわかるようになっている。

自分のIPじゃないのが表示されたらプロキシ接続してるってこと。

んで、さっそくやる前に、自分のIPの確認で、コマンドプロントに

ipconfigと入力する。

すると、自分のIPアドレスが表示される。んで、私は2種類出たんだよね。

私が思う分には、自分のIPアドレスと、プロバイダーのサーバーのIPアドレスだと思う。

んで、上のサイトで、自分のIPアドレスを表示させてみると、プロバイダーのサーバーの方のIPが表示される。

んで、プロキシ設定してみると、面白いことにIPアドレスが変わっていた!

でも、ちょっと思ったんだけど、最初に表示されたのがプロバイダーのサーバーのIPアドレスが表示されてるんだったら、特にプロキシ接続する必要はない気が・・・

もう、プロキシサーバー使ってるようなものだよね。一回プロバイダーに経由しているから、同じだよね。

まあ、ブラウザのSleipnirは使いやすいソフトだって再認識したことは良かったかな。

プロキシ接続の設定も、IEと違ってマジで簡単だった。

IEも最新バージョンがもうすぐ出るらしいけど、私は、Sleipnirを使い続けるよ。



タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)


宣伝しまくる

テーマ:大学生日記。 - ジャンル:日記

  1. 2006/07/05(水) 00:01:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメ壊れた・・・

なんだか、デジカメが壊れたっぽい。

撮影はできるんだけど、グルグルまわして、撮影方法や、写真を見たりする部分を回しても機能が入れかわらない。接触不良かな?

地元の電気屋で買ったものなので、帰らないと修理にだせないなぁ

今週あたり久しぶりに帰ろうかな。

今日は、友人みすりるさんから、ガイナックスヒロインズのガシャポンを頂いたって言うか、買いました。

CIMG0840.jpg


トップをねらえ2のバスターマシーン7号です。

実を言うと、ちゃんとお金を入れて回した分けじゃなく、みすりるさんのバイトしているお店のガシャポンの蓋を開けて、これだけ取り出したものです。もちろん、お店の方にお金を払ってますけどね。

それを、私が買い取ったものです。

ぶっちゃけ、コンプリートするつもりはなくて、これだけ欲しかったので、もつべきものは友人ですね。

ってか、みすりるっていつもこんなことしているのかな?

CIMG0841.jpg


信濃ですが、支柱をプラ角棒で作り変えてみました。

信濃のキットは、ウォーターラインシリーズの空母の中で唯一、支柱を別パーツとして、棒状のパーツで再現してます。

でも、大戦中の急造の信空母は、雲龍などの写真を見てわかるように、工事簡略化のために丸ではなく角の柱にしています。

信濃も角柱だと判断して、角のプラ棒で作り変えてみました。

使ったのはエバーグリーンの0.75㎜×0.75㎜です。


  1. 2006/07/04(火) 00:38:33|
  2. 信濃製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日は一日中雨、本当は研究室のイベントで登山に行く予定でしたが当然のごとく中止。

んで、今日は一日中家にいて、プラモ作ったりゲームしたり勉強したりと、引きこもってました。


信濃は、

CIMG0826.jpg


艦首のほうに写真のような構造物を追加しました。艦内から艦首に降りる、構造が瑞鶴についていたので、信濃もあるだろうと仮定しイラストを参考にプラパンで作ってみました。ついでにラッタルを付けてみましたが、けっこう良い感じじゃないかな。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/07/02(日) 23:14:28|
  2. 信濃製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんて綺麗な本なんだ

最近、全然本を読んでいない。前は少なくとも1週間に一冊のペースで読んでいたけど最近は、1月に一冊すら読めてない。

やはり、授業数がめっきり減ったのが原因だとおもう。授業中に本を読むのが普通だったからなぁ。

読んでないと、最近本が無性に読みたくなってきた。でも、欲しい本があっても財布の方が許してくれない。

でも、今日は久しぶりに本を買いました。

CIMG0825.jpg


ちなみに4冊も買ってないからね。買ったのは端の紫色のやつ。

森博嗣のフラッタ・リンツ・ライフ

いちよう、シリーズものになっていて戦闘機乗りの話である。
この本でまず目にひくのは装丁であるけど、デザインは鈴木征一という人が行っている。この人はたびたび森博嗣の本の装丁をしていて、この本は紙カバーの変わりに、透明フィルムがかかっていて、本の表紙には空が描かれている。

その鈴木氏のイメージとしては

「飛行機から見た空、ゴーグルから見た空の景色をシンプルに見せるのが一番良いだろう」



とのこと。まさに透明フィルムがパイロットのゴーグル、飛行機の風防になっている。

このシリーズは4作目まで出ているが、一作目から空が昼、夕方、夜、朝、と言う感じで変わっているのも面白い。

一見シンプルだけれども、この装丁はこの本のイメージをしっかりと捕らえ表していると思う。

この本は、いままで見てきた本の中で一番綺麗な本です。本棚に並んでても綺麗ですよ。

このシリーズはけっこうはやくノベルズサイズ→文庫となりますが、この本を買うんだったら、絶対ハードカバーの方が良いです。

私としては、本はハードカバーの方が良い!!

装丁がハードカバーの方が凝ってるし、それに宮部みゆき氏も言ってますが、文庫にすると、その本の持っているパワーに耐えられないそうです。

私も、ある作品を読んでそれを感じました。

これを実践してると私が勝手に思ってるのが、京極夏彦!!

彼は、千ページを超える本が文庫になっても上下に分けない。彼の本で上下で分かれているものは見たことない。

・・・でも、最近京極堂シリーズが分冊版とかで発売されているが、これは彼の意向ではないと勝手に思っている私。

映画化された京極堂シリーズを文庫の分厚差に二の足を踏んでいた人たちのためと、売り上げアップのために出版社がだしたんだぁ。絶対!!






  1. 2006/07/02(日) 00:06:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

三つ目

Author:三つ目

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。