TORA TORA TORA?

私が製作しているプラモデルの製作途中を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さあ、どうしたものか

今日、アマゾンで予約していたHi-νの方が届きました。
想像以上に箱がでかくてびっくりしました。
CIMG2032.jpg

ボックスアートかっこいいですね。

CIMG2034.jpg

すごいパーツ数。これ見ただけで箱を閉じてしまいます。素組みだけで相当疲れそう。これを塗装するのを考えると・・・

さてどうしたものか。「作るべきか、しまうべきか。」
νガンダムのときもこのデカさとファンネルの組立てに挫折した苦い記憶が。νガンは棚の肥やしと化す!

これを作るとなると相当の覚悟が必要です。何かモチベーションを保つ方法はないでしょうかね。

ちなみに散々とけなされているMG Hi-νですが、ダメな理由が分りました。

それは

プロペラントタンクが小さい!!

これに尽きます。ってか小さすぎです。他が大型な機体なのにやたらと貧弱。機体の補助の役割のプロペラントタンクですが、それでも小さくないかい?

タンク好き私としてはもっと大きくても良いかと。ガレージキットのHiνは、かなりの大きさだったのに。そこが残念です。

CIMG2031.jpg

SWEETのワイルドキャットですが、セオリー通りコクピット内部色を塗ってから組み立ててみました。
合いは最高に良くてパテ等は全く必要ないキットです。流し込み接着剤で接着し、乾燥待ちです。


スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 00:06:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひさびさ

一週間ほど更新してませんでした。大学の卒論発表があったので、そのプレゼン用の前刷りとパワポ作りが忙しくて、プラモの方全然弄れませんでした。

やっとプレゼン用のパワポと前刷りは完成したので、後は本番を待つまでです。

CIMG2018.jpg

製作の方再開しました。ラッタルの方を取り付けてみました。
今月に20㎜機銃のエッチングを買う予定でしたが、扶桑・山城とHi-νの購入でお金がありません。やばいです。

扶桑と山城は、模型店に予約のを取りに行ってませんし、Hi-νはアマゾンの到着待ち。
今月はバイト代が入らないので、かなりの金欠です。

なので、ビスマルクの製作はパーツが買える来月まで止めてたまってる在庫プラモの方を減らそうかと。

CIMG2019.jpg

簡単に、楽しく製作できそうなものに使用と思いSWEETの1/144飛行機プラモを。
SWEETの1/144の飛行機プラモデルは1/144にもかかわらず、組み立てやすさも含めて素晴らしいキットらしいので、簡単に作れるかなぁと。

飛行機プラモは初めてですか、今まで知識だけは蓄えてきたつもりなので、実践してみようかと。

SWEETのプラモデルは遊び心があって素晴らしいキットです。ボックスアートも可愛いし。零戦やワイルドキャットは飛行甲板も付いてくるあたりがすごく楽しい。それでいてキットの出来が素晴らしいから言うことない。

4つSWEETのキットがありますが、ワイルドキャットの方を作ってみたいと思います。何日で完成するでしょうか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/25(日) 00:39:16|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジミシュペー購入

CIMG2000.jpg

16日に発売した、フジミの限定版エッチングパーツ付きアドミラル・グラフ・シュペーを購入しました。税抜きで2500円。キットが1000円なので1500円分がエッチングパーツの値段になります。

フジミなので正直キットの方はあまり期待はしていなかったんですが、以外や以外なかなかのもの。

フジミの艦船模型につきものの、だるい整形がなく、モールドも非常にシャープです。

CIMG2006.jpg
CIMG2007.jpg

船体パーツも独特の形状を再現してます。
CIMG2002.jpg

残念なのは、木甲板のモールドがしてあるのか、してないのか分らないくらいに薄い。

CIMG2003.jpg

まあ、甲板にモールドがあまりないのですべて削り取って木甲板を彫り直してみるのに挑戦してみようか

最後に一番気になっていた。エッチングパーツですがこれが使いたいと思えるパーツがない!!

20070219015736.jpg

主要パーツは手すり、後はレーダーとクレーンくらい。
このクレーンが酷いもので、ただの板。
リニューアルキットにはなかなか良いエッチングパーツを付属しているのに、ちょっとこれはあんまりですよ。
これで1500円は高いですなぁ。同じくらいの値段でもっと良い手すりのエッチングが買えたかも知れませんね。

CIMG2008.jpg

まあ、旗のシールが付属しているのと、説明書の塗装図と艦の戦歴の説明が詳しく書かれている点はアオシマのビスマルクよりかなり個人的には評価が高いですが。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/19(月) 02:06:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しくない・・・orz

CIMG1990.jpg

CIMG1999.jpg

CIMG1996.jpg


3連休を使って船体の塗装を終えました。ライン演習作戦のときのビスマルクは何度も塗装が変わります。艦橋にも施されていたバルティック・スキームは塗りつぶされます。最終的には船体のラインも消され艦尾の白波も消されます。

今回、大掛かりなバルティックスキームは面倒なのと私があまり好みではないので、船体のみにとどめます。船体のみバルティック・スキームの時には艦首と艦尾にナチスのマークのハーケンクロイツがマークされているのが正しいですが、面倒なので省略。

塗装後マスキングテープをすべて剥すのは楽しい反面、以外と大変な作業でした。

上の写真は調子乗ってパーツを置いてみました。
やっぱり、なかなか自分のイメージの作品はできませんね。ドイツ艦の美しさがさっぱり出ていない気がします。

もっと薄いグレーも良かったかと。自分のイメージ通り作るのは難しい。

後は、20㎜単装機銃のエッチングを入手して、張り線をしてみようかと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/14(水) 01:07:58|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上構造物を塗装

金曜日から上構造物の塗装をしました。

ドイツの艦は船体と上構造物の色が異なっています。ビスマルクも異なっており白黒写真でもはっきりと色の濃淡が確認できます。

大体は船体より上構造物の方が淡いグレーらしいです。そこで今回はガルグレーで塗装することにします。

CIMG1974.jpg


CIMG1977.jpg

↑調子乗って組み立ててみた。

やはり、瞬間接着剤の後やらで若干汚い感じになってしまっています。
まだまだ技術不足。今度作るときの課題です。

今回は張り線もしてみようかと思っています。ドイツ艦の艦橋周りが蜘蛛の巣のように空中線があるのがかっこいいので。

あしたは、船体を塗装したいと思います。

  1. 2007/02/11(日) 01:29:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アラド水偵

CIMG1964.jpg

アラド水偵を製作しました。キットはシャープなモールドでよい出来ですがフロートの支柱は、ただの板になっているのでGM社のエッチングに変更しました。大変素晴らしいつくりです。

アオシマの説明書にはアラド水偵の塗装図がないので、本当に悩みました。

カラー写真を見ると、下面は灰色に近いブルーで、上面は黒っぽいグリーンに見えます。

Mr.カラーの一覧表をにらんでいると、122番がドイツ空軍機上面色と書いてあるので、さっそくそれを使ってみたら全然イメージと違い塗りなおすはめに、また一覧表をにらんでいると、上面色が色々あることが判明。ドイツ機は全く詳しくないので、結局ピットロードのビスマルクの説明書を模型店で眺め、それに書かれていた302番を使用することにしました。他の模型の塗装図を参考にするのってよくやるよね・・・

そして、プロペラをGMのパーツを使用。後部座席に20㎜機銃のエッチングパーツを取り付けてみて後部機銃にして見ました。

窓はシルバーです。

結構こういった小物もしっかりと組み立てて、船体に乗せてやれば単調になりがちな艦船模型に良いアクセントになると思います。

この後、別売りのドイツのマークのシールを購入して貼る予定です。
ってか、アオシマさん。それぐらいキットに付属してくれよ。Zクラスの駆逐艦をいなくても良いから、旗とドイツ機マークのシールを。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/09(金) 02:46:27|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マスキング完了

本当は昨日更新しようと思ったんですが、ブログの方がサーバービジーだとか、更新できませんでした。

CIMG1949.jpg

昨日のうちで甲板のマスキングの方は終了してます。4日かかりました。集中力の関係上、一日数時間作業して4日。かなりかかりました。

私はマスキングゾルは嫌いなので、どんな箇所でもテープを切って貼り付けました。想像以上の手間で、マスキングの最中に何度も手すりが剥がれて悲惨でした・・・

んで、今日は、バルチックスキームの白を舷側に塗装。
使用したのはガイアカラーのフラットホワイト。
隠ぺい力が強いのが売りですが、これがなかなか発色しない。たぶん隠ぺい力が強いフィニッシャーズのファンデーションホワイトをいつも使用しているから弱く感じるのかと思うが、最初からファンデーションホワイトを使えばよかったです。

しかも、ホワイトのマスキングをしていたら色が剥がれる始末。
プラパーツで塗装が剥がれるのは初めてですよ。

剥がれた箇所をペーパー掛けして落として、明日また塗装するつもりです。

私のメインサイトの方でビスマルクの製作をまとめたのでお暇な方よかったら見てってください。

http://tora1208.komusou.jp/

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/07(水) 01:18:22|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスキング

CIMG1928.jpg

マスキングの方取り掛かってます。構造物の方のマスキングをしました。細切れにしたマスキングテープをピンセットで貼り付け、爪楊枝でなじませる方法で行いました。手すりを取り付けているの、かなり神経のいる作業です、今日はこのくらいやってギブアップです。まだ甲板が残っていると考えると憂鬱です。

それと
CIMG1929.jpg

ボートダビットを取り付けてみました。使用したのはPT社のビスマルク用エッチングに付属してたものです。個人的にダビットは内側に向いてある方が好みなので、内側にしてみました。
このとき、キットに指定されてある取り付けの穴の場所を目安として取り付けたところ、15cm砲と干渉してしまうので若干前に移動させて取り付けました。甲板をマスキングして船体を塗装するのと一緒に塗装します。

これ↓予約

フジミのアドミラル・グラフ・シュペーを。画像とはちょっと違って、エッチングパーツ付が2/16日に出るそうなので予約してきました。
http://www.fujimimokei.com/newitem/index.html←詳しくはこちら

ドイッチェランドも一緒にDX版で発売されます。両方欲しかったんですが、シュペーのほうが好きなのでそちらを。

ちょっと確認してみたんですが、ポケット戦艦用のエッチングパーツってないんでしょうかね。いちようゴールドメダルのビスマルク用にシュペー用のパーツも入っていますが、ポケット戦艦用は見たことないです。そんな中フジミからエッチングパーツセットは買いです。それにせっかく買ったGM社のビスマルク用のエッチングパーツ内のシュペー用も使ってあげたいし。でもフジミ製だからキットのほうは期待できないですね。リニューアルというわけではないから。




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/02(金) 02:05:37|
  2. 戦艦ビスマルク製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

三つ目

Author:三つ目

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。