TORA TORA TORA?

私が製作しているプラモデルの製作途中を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピリットオブセントルイス①

as.jpg

レベルのスピリットオブセントルイスを製作。
パーツも多くなく、精度も良いのでなかなか作りやすい。国産キットよりプラがやわらかいので、ゲート処理もパーティングラインも処理しやすい。

CIMG2976.jpg

まずは胴体内部とコクピットを塗装します。サフもふかずに直接です。
色はフィニッシャーズカラーのクロームシルバーです。

CIMG2979.jpg

デカールを貼って、細かい箇所は筆塗りで対処。
シートベルトは白いマスキングテープに色をぬって作ってみました。


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/27(金) 23:53:47|
  2. スピリットオブセントルイス製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンテスト

以前作った「千代田」で、近くの模型店のコンテストに出撃。
chiyoda10.jpg

初めてのコンテストの参加です。

果たして結果はどうなることやら…

まあ、すっかり顔なじみとなってしまった店員と作った模型について語りあえたし、自分が作った作品がガラスケースに飾られるのはうれしいものです。
  1. 2007/07/24(火) 10:59:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

翼よあれが巴里の灯だ!!

飛龍製作のほうは少しお休みしたいと思います。

ちょっと船の製作も厭きてきたってか、決して甲板が失敗したからではありませんよ。

今年の目標に一月に最低一個の完成品なので、この目標達成のために最近作ってないガンプラでも作ろうかと思いお店へ。

今日行ったのは昔ながらの模型店で、意外と掘り出し物があるお店。

そこで何気なく飛行機モデルのコーナーを除いていたら…

CIMG2969.jpg

前から欲しかったレベルのスピリットオブセントルイス

リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行を達成した飛行機として有名ですね。以前に楽天ではあったんですが売り切れで、輸入品なので注文も出来ず諦めていたのが、近くのよく行く店にあるなんて…

私にとってはじめての外国のプラモデルで出来のほうが気になりましたがあけてみて、クオリティの高さに関心しました。
CIMG2972.jpg

ぱっと見、バリのヒケもないですし、合いも良さそうです。

これ作ろうと思います。これは楽しく作れそうな予感がします。
  1. 2007/07/20(金) 23:45:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記⑧

挫折です。

木甲板の溝彫り…

1mm幅のスクリーントーンを使って行ったんですが、これが想像以上に難しくて、線は曲がるは幅は違うはで、もうダメダメ。

いつもなら、また甲板を投げ捨ててやめてしまうところですが、最近は根性が付いてきたらしく、すぐに違う方法に切り替えます。

彫るのがだめなら、デカールを貼ることに。

CIMG2959.jpg

んで、作ったのが↑
フジミの木甲板デカールをスキャンしたものを、そのままだと色合いが元と異なるのでphotoshopで補正したものを、インクジェットプリンターで印刷できるデカール紙を使って印刷しました。

意外と綺麗に仕上がったと思います。これを貼って木甲板を再現しますよ。でも、このデカール用紙、薄くてすごく貼りずらそう。

CIMG2964.jpg

艦橋はこれで完成。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/13(金) 02:47:43|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記⑦

CIMG2946.jpg

今日は甲板にサフをふいて傷の確認。

案の定、昨日ケガキを失敗した箇所は微妙にパテがヒケていて、うすーくスジが見えます。

ので、瞬着を塗ってパテ代わりに。

これで綺麗になってればいいのですが…

CIMG2956.jpg

今日は艦橋のほうも少しいじりました。
今回は初めて双眼鏡も取り付けてみました。
0.4mmの真鍮線と伸ばしランナーです。

それとループアンテナを0.2mm真鍮線で自作。ピンバイスに巻きつけて、瞬着で固定したんですが、意外と簡単でうまく出来たと思います。

まだ艦橋はもう少しいじる予定です。

明日もサフをふく予定ですが、梅雨の勢力が回復してきたらしく、明日も天気は悪いそうです。
天気の悪い日は塗装しないほうが良いといいますが、今まで私は天気はあまり気にしたことはないですね。光沢塗装のときは湿度の高い日は避けますが、それ以外は雨降ってても大丈夫な気もしますねぇ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/12(木) 01:08:44|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記⑥

CIMG2937.jpg

甲板のモールドを涙を飲んで全部削り落としました。が、その後調子乗って凸モールドで再現されてた箇所を凹モールドに彫りなおそうと、デザインナイフでけがいたら、見事大失敗で。線は曲がるわ、幅が違うわで、ひどい状態。

思わず甲板を放り投げて不貞寝で、昨日は終了。

このまま挫折するところでしたが、

歴史街道 2007年 08月号 [雑誌] 歴史街道 2007年 08月号 [雑誌]
(2007/07/06)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

これ読んでテンションあげました。
この雑誌時々買うんですが、今月号が山口多聞特集で飛龍の勇姿もたくさんかかれてました。
やっぱ、山口多聞少将はかっこええわ。ミッドウェーで孤軍奮闘する飛龍も。

これで、モチベーションがあがって、ひどい状態の甲板を何とかする気力がわいてきました。
とりあえず、失敗したモールドをパテで全部埋めてからペーパーがけしました。この後サフを吹いて傷を確認した後に、今度は慎重にけがいて生きたいと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/11(水) 01:00:55|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記⑤

CIMG2931.jpg

艦尾を製作

スジ入りプラ板でシャッターを追加して、短艇甲板の柱を追加して、リールはH社のを追加。

フェアリーダとアンカーはLR社のEPです。

艦尾はこれでおしまい。

そろそろ甲板と艦橋の製作に入ります。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/09(月) 02:10:48|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記④

相互リンクのけんたろさんがYZR500が完成してます。大変かっこよく綺麗に作られていらっしゃいます。必見ですよ。

バイクは殆ど知らないんですが、かっこいいですね。私もバイクを作ってみたくなりますよ

飛龍ですが艦首を作りました。
CIMG2923.jpg

フェアリーダをプラパンで自作。
斜めラッタルを追加。
リールはハセガワのエッチングでウェーブのΦ1mmのスプリングをはさんでます。
アンカーチェーンは極細チェーンに。
アンカーレセスキットにしっかりとモールドされてますが、製作している途中に削ってしまい溶きパテ500を塗り重ねてみました。

艦首はこれぐらいにして、次は艦尾を製作します。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/07(土) 01:47:36|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記③

右舷
CIMG2914.jpg

左舷
CIMG2917.jpg


プラパンやエポパテで省略されてる箇所を気づいたところだけ追加しています。次は艦首と艦尾製作します。
今週中には船体をほどほどに終わらせて甲板に入りたいです。

今回甲板は思い切って木甲板のモールドを掘り直してみようと思ってますよ。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/06(金) 02:50:53|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛龍製作記②

CIMG2899.jpg

飛龍の艤装製作中です。旧キットとは雲泥の差で大変組みやすいキットですが、結構省略されているところが多いので、学研の『空母機動部隊』に乗っている1/100飛龍を参考にちょこちょこと追加しています。

今回は初めて舷外電路のエッチングパーツを使ってみました。使用したものは最近発売したハセガワのHA3S41 日本海軍 舷外電路を使いました。

ハセガワのものは真鍮製で薄いので曲面にも凹凸にもなじみやすく取り付けやすかったです。

でも、残念なことに1セットで大型艦には足りません。今回の飛龍は役1.5セット必要でした。最初から足りないだろうと2セット買っておいて正解でした。ハセガワさん、せめて大型艦に取り付けて十分間に合う程度の量を入れてくれないと。まあ、ハセガワはWLの3社で唯一汎用のエッチングパーツを開発してくれるありがたい会社なので良しとしますが。

CIMG2900.jpg

飛龍に必要なエッチングパーツを購入の際に送料を無料にしたいために、フジミの鳳翔も買ってしまいました。

鳳翔はフジミが唯一のキットです。前から鳳翔を作って完成できたら楽しいだろうなぁと思っていたんですが、買おうとまでは思っていなかったので、今回良い機会?なので購入。

フジミなのでキットのほうは期待していなかったのですが、やはりひどい出来。これをうまく作るのは至難の技だろうなぁ
でもフジミはボックスアートがかっこいい、こっちにお金をかけてキット開発にお金が回らないのかな。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/04(水) 01:19:35|
  2. 飛龍製作記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

三つ目

Author:三つ目

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。